/

この記事は会員限定です

「バズる」ライターが自分の言葉を取り戻すまで

「ここじゃない世界に行きたかった」 塩谷舞さん(あとがきのあと)

[有料会員限定]

フリーライターとしてSNS(交流サイト)で話題を集めて「バズる」(話題になる)記事を量産してきた。企業の広告など「数字の取れる記事」を書いているうちに「マーケットに操られている」感覚にとらわれた。「自分の言葉や視点を取り戻したい」。そう考え、2018年から文章投稿サービス「note」などでつづってきたエッセーを一冊にまとめた。

現在は音楽家の夫とともに米国で暮らす。「私がどう生まれ、どう悩んで、ど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン