/

この記事は会員限定です

問われる「文化の盗用」(下)そこに尊敬と共感はあるか

[有料会員限定]

何が「文化の盗用」にあたるのか明確な基準はない。一見許容範囲に思えることでも、他の文化圏の人々にとってはアイデンティティーの根幹に関わる表現もある。盗用を避けるための指針作りなど、対策の必要性を専門家は強調する。

「ここ数年、文化の盗用に関する相談や質問が徐々に増えてきた」。ファッション雑誌編集者の経験を持つ弁護士の海老沢美幸氏はそう語る。1月、所属する三村小松山縣法律事務所内にファッションに関す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン