/

この記事は会員限定です

手話は語り、つなぐ 「聞こえない世界」が生む表現力

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

ろう者の俳優が多数出演した映画「コーダ あいのうた」が米アカデミー賞を受賞するなど、耳が聞こえる人(聴者)が手話の豊かな表現力に触れられる機会が増えている。手話は単なるジェスチャーやパフォーマンスではなく、独自の文法を持つ言語である。「聞こえない世界」が生む色彩あふれるコミュニケーション空間へようこそ。

イメージ伝える「記憶の言葉」

「トイレにお化けが出るらしいよ?」。午前の授業が終わり和やかな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン