/

この記事は会員限定です

コロナで減ったままの子供の運動、将来の影響どう防ぐ

[有料会員限定]

子供が運動する機会が減っている。新型コロナウイルス禍で運動会の中止や部活動の制限が相次ぎ、友人と外で遊ぶ機会も減った。将来への影響を心配し、体を動かせる習い事を探す保護者も増えている。地域でも運動機会を確保するための取り組みが広がる。

外で遊ぶ機会が減り、転びやすくなった

「いけー!いけー!」子供たちの白熱した声が部屋に響き渡る。競っているのは専用のグローブでボールを打ち、目当てのポールを倒し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン