/

この記事は会員限定です

個人データどう守りどう生かす せめぎ合う米中欧の政策

明治大学教授 湯浅墾道(今を読み解く)

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症が世界中に広まってから1年以上がたつが、感染の勢いはいっこうに衰えを見せない。その中で、現時点で比較的封じ込めに成功しているのが、中国、韓国などである。

封じ込めがうまく進んだ一因は、個人情報・データの利活用にある。これらの国々の多くで、政府がスマートフォンの機能やアプリを通じて、感染者の移動履歴やサービス購買履歴を収集し、感染経路を特定するとともに、人々の行動や密集状況を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン