/

この記事は会員限定です

女性差別の行き着く先描いた「侍女の物語」

ディストピア文学の警鐘(2) 石田英敬(記号学者)

[有料会員限定]

繰り返される権力者による女性差別発言。夫婦別姓は国家の基礎をないがしろにするという家父長主義的原理主義。女性の進出を阻止する社会的バリヤー。私たちが、女性差別の現実に本当に目をさますために、この小説を読むことを強くおすすめする。

システマティックに女性差別を国家と権力が選びとっていくなら、どんな暗黒の世界にたどり着くのか。女性差別権力の原理を描き出したフェミニスト・ディストピア小説の古典がマーガレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン