/

この記事は会員限定です

その贈与、本当に「非課税」? 相続時に思わぬ税負担も

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「自分が健在の間に資金援助を」と子や孫に生前贈与を考えるシニアも多いだろう。税負担も考えると、2500万円の贈与までならば贈与税がかからない相続時精算課税制度はひとつの選択肢だ。ただ、必ずしも「非課税」ではない点には注意が必要だ。

贈与税は、もらう側1人につき毎年110万円までは非課税となる暦年贈与の制度がある。これに対し、相続時精算課税制度では、非課税枠がくれる側1人につき2500万円に広がる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン