/

この記事は会員限定です

佇まいの美しい人 俳人 黛まどか

[有料会員限定]

"佇(たたず)まいの美しい人"がいる。ただそこにいるだけで、なんとも言い難い風情を醸す、余白を纏(まと)った人だ。

京都祇園の"米(よね)さん"もその一人。13歳で舞妓(まいこ)となり、引退後は祇園にスナック「米(よね)」を開いて90歳まで店に立ち続けた。

京都のホテルに長期滞在した時、外食に飽きてしまい、毎日のように米さんの店に通ったことがある。といっても下戸の私は米さんの手料理を食べ、私の代わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン