/

この記事は会員限定です

近視で高まる目の病気のリスク 緑内障や網膜剝離

元気の処方箋(アイリス副社長・眼科専門医 加藤浩晃さん)

[有料会員限定]

子どもの近視は年々増えている。2020年度の学校保健統計調査によると、裸眼視力0.3未満の小学生の割合は1割を超えていた。近視はたとえ軽度であっても緑内障や網膜剝離といった他の病気に将来かかる可能性が高くなるとされている。子どもの頃から対策をするのが大事になってくる。

そもそも近視はどういう病気だろう。物を見るとき、黒目部分を覆う角膜から眼球に入った光はカメラでいえばレンズの働きをする水晶体、ゼリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン