/

この記事は会員限定です

地下出版のメディア史 大尾侑子著

エロ・グロの担い手の真摯さ

[有料会員限定]

30年も前のことだが、私が大学で指導を受けた老教授は、学者にしては型破りだった。ワイマール・ドイツの思想史が専門で、夜中の2時頃まで独・仏の原書を読むのが日課だった。その一方で、「真面目」「ガリ勉」をいつも嘲笑し、仮装趣味の愉(たの)しみをよく語っていた。その教養の厚さと「異端」好みのゆえか、大学1回生の頃にお薦め本を尋ねたところ、返ってきたのは、エラスムス『痴愚神礼讃』だった。ひと夏かけて岩波...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン