/

この記事は会員限定です

囲碁AI飛躍させたモンテカルロ木探索 長かった黎明期

囲碁AI進化史(1) 囲碁棋士 大橋拓文

[有料会員限定]
囲碁で人間の腕前をはるかに超えた人工知能(AI)。コンピュータの歴史とともに進化してきた過程を、囲碁棋士の大橋拓文氏が解説する。

5年前、英ディープマインド社が開発した囲碁AI「アルファ碁」が突然登場し、世界トップ級の韓国棋士、李世●(石の下に乙)(イ・セドル)九段に勝利した。人間を上回るAIの出現は世間を揺るがせたが、実は囲碁ソフトはコンピュータの黎明(れいめい)期から開発が始まっていた。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン