/

この記事は会員限定です

幕末の「長州砲」追い求めて 下関戦争で英仏蘭米が接収

郡司健(大阪学院大総合学術研究所所長)

[有料会員限定]

幕末の1864年、長州藩は下関に来襲した英仏蘭米4カ国の連合艦隊と交戦して敗れた。前年の戦いと合わせて「下関戦争」と呼ばれる。連合艦隊は戦利品として長州藩の青銅製大砲を接収、各国に分配した。

今も世界に数門が残るこれら長州砲(下関砲)の探訪を始めて20年になる。私の祖先は大砲の運用を担う「砲術」の5家と、鋳造所の2家に分かれて長州藩主・毛利家に仕えていた。鋳造所のひとつを継いだ高祖父、郡司富蔵信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません