/

この記事は会員限定です

就活で私的エピソード披露 社会人としての姿は見えるか

就活のリアル(上田晶美さん)

[有料会員限定]
就職活動の面接やエントリーシートで、過去の私的なエピソードを問われる機会は少なくない。ただ、あくまで選考の一環であることを忘れてはいけない。専門家は「社会人としての姿が見えるエピソードを磨くべきだ」と助言する。

「エントリーシートを見てもらえませんか?」と学生に言われ、添削することは多い。インターンシップにもエントリーシートが課せられるので、本番の就職活動が一段落しても、次の学年がスタートしてきて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン