/

この記事は会員限定です

絵皿から薫るフランスの風 歴史学者・福井憲彦さん

こころの玉手箱

[有料会員限定]
ふくい・のりひこ 1946年東京都生まれ。歴史学者。専門はフランスを中心とした西洋近現代史。学習院大学元学長。日仏会館名誉理事長。著書に「ヨーロッパ近代の社会史」「歴史学入門」「物語 パリの歴史」など。

仏ジアンの牡丹の絵皿

この手描きの牡丹(ぼたん)の絵付け皿は、フランス中部のジアンという町で作陶されたもの。「庶民の家庭によくあるものだけど」と言って、私たちの結婚祝いに下さったのは、ファデフ夫妻であった。もう半世紀近く以前のパリでのことである。

その頃、留学生活を送っていた私は、現地で日本人女性と結婚することになり、その立会人になってくれたのが彼らである。企業の宣伝部に勤める画家であった夫君のディディエは、フランスの普通の家庭生活を知りたかった私に、いろいろなことを教えてくれた恩人だが、もう晩年であった彼の父親は、かつてコサックの一員でロシア革命軍とも交戦した後に、フランスに亡命してノルマンディ出身の女性と結ばれた人だった。家には当時のサーベルがあり、びっくりした。

私と同年齢だった奥さんのヴィッキーは、ラテン系の雰囲気を持つ素敵(すてき)な方だったが、驚いたことに、大阪で日本女性と進駐軍の軍人との間に生まれたという。その後、彼女はロシア人夫妻の養女となり、その滞在地ベネズエラで子供の頃を過ごし、高校はイギリスの寄宿制女学校に学び、フランス旅行した際に出席したロシア系のコミュニティの集いで、ディディエと遭遇して恋愛結婚に至った。旅行会社に勤める彼女は、フランス語だけでなく、履歴と対応してスペイン語と英語、そして養母の使うロシア語と、何か国語も流暢(りゅうちょう)に使う。日本語も話したいのだけれども難しすぎる、と言っていた。

フランスの研究者によると、20世紀末の時点で、フランス人の約2割は、その両親か両祖父母のうちに、1人は外国出身者がいる。移民大国とは知っていたが、夫妻のファミリー・ヒストリーは私の想像を超えるものだった。

彼らに娘が誕生して、洗礼式をパリ8区にあるロシア正教会で挙げるという。もちろん出席するよと言ったら、仰天したことに、私に代父つまりゴッドファーザーになってくれという。代父は母親の親族から出すのが通例だが、ヴィッキーには養母しかいなかった。あなたなら真面目だから大丈夫と言われ、なんと、ロシア正教会の主教と面接して了解を得た私は、娘リディアの代父として式に立ち会った。幸い、彼女は医者として大成した。私にとってジアンの絵皿は、近年先立ってしまった夫妻との記憶を呼び覚ましてくれる宝物だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン