/

この記事は会員限定です

中央林間や南林間… 小田急に「林間」駅が多い理由

動画で「東京ふしぎ探検隊」

[有料会員限定]

東京・新宿駅や渋谷駅から電車で約40分。神奈川県大和市に位置する中央林間駅は、小田急江ノ島線と東急田園都市線が接続し、約20万人が日々乗り降りする中核駅だ。路線図を見ると、小田急・中央林間駅の隣は東林間駅、南林間駅といずれも「林間」を名乗る。街を歩くと林間という雰囲気ではないが、なぜ「林間」駅が続いているのか。

小田急の「林間都市計画」 住宅街に野球場やゴルフ場も

地域の歴史を調べるならやはり地元の資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

鉄道の未成線から巨大ターミナル駅の歴史や国道の謎など、誰かに話したくなる雑学やうんちくを日経記者が「ふしぎ探検隊」として調べます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン