/

この記事は会員限定です

一瞬の中の永遠 ピアニスト 仲道郁代

[有料会員限定]

私は演奏をしていると、曲の中のある一瞬に永遠を感じることがある。それは、一瞬にしか過ぎないはずなのに、音の響きの奥に永遠が聴こえてくる。

舞台に出る直前、演奏する曲の全てを一瞬で見る、感じることもある。一瞬の中に、全てが薄皮のように重なっているイメージだ。

「永遠」。本来私たちは永遠を知ることはない。私は「永遠」は一生体験できないはずだ。自分という存在は限りあるものだから、終わりがあるのだから。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン