/

この記事は会員限定です

増える孤独死 訳あり事故物件、入居者にどこまで説明 

国、業者向けに指針づくり

[有料会員限定]

「事故物件」と呼ばれ、前の居住者が部屋のなかなどで死亡した住宅。入居者に事前に知らせたかどうかで不動産業者との間で金銭トラブルなどに発展することも多い。高齢化に伴って孤独死する人が増えるとの予想もあるなか、国は業者に事前に説明義務を負わせる項目の指針をつくっている。借り手や買い手の不安は払拭できるだろうか。

「前の住人が半年前に部屋で亡くなっていたことを入居後に知った」。山陽地方の男性は3月、国民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン