/

この記事は会員限定です

ノーベル文学賞が消えた日 マティルダ・ヴォス・グスタヴソン著

文壇権威の性暴力明るみに

[有料会員限定]

「ノーベル文学賞、発表見送り」「消えた文学賞」。2018年、ノーベル文学賞の発表が見送られたという出来事は、日本でも大きく取り上げられた。その背景には、ジャン=クロード・アルノーによる数々の性的暴行問題があった。

アルノーは、スウェーデン・アカデミー会員で詩人のパートナーを持ち、文化人らが集まるクラブの経営を行っていた。文壇での著名人である彼は、自らの権威を実際以上に誇示しながら、日常的に女性たち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン