/

この記事は会員限定です

「隼」「零戦」復元戦闘機、8月だけズラリ

河口湖近くで博物館40年 戦争の記憶や技術伝える 原田信雄

[有料会員限定]

山梨県の河口湖近くの静かな別荘地に、毎年8月限定で開く博物館がある。敷地5千坪の館内には、世界初のガソリン車「ベンツ1号車」や伊ランボルギーニ「カウンタック」、旧日本海軍の戦闘機「零戦」など往年の名機・名車が約100台ならぶ。中でも旧陸軍戦闘機「隼(はやぶさ)」は、全国でもここでしか見られない貴重な戦争遺産だ。

私は自動車関連会社を経営する傍ら、個人で収集したコレクションを展示する自動車博物館を4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン