/

この記事は会員限定です

イーストウッドが現代のカウボーイに 映画評11本

[有料会員限定]

クライ・マッチョ

追われ、恋する幸福な映画 宇田川幸洋(映画評論家)

「運び屋」(2018年)以来の、ファンにはうれしい主演と監督をかねたクリント・イーストウッド作品だ。現代のカウボーイを演じる!

「現代の」と言ったが、時代設定は、プロローグ的な部分が1979年で、本すじはその1年後、つまり80年。

じつは「この企画がもちあがったのは40年くらいまえ」とイーストウッドが言っているので、時代をその当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3647文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン