/

この記事は会員限定です

「竜とそばかすの姫」細田守監督が語るネットの可能性

[有料会員限定]

細田守監督のアニメーション映画「竜とそばかすの姫」がヒット中だ。中傷など否定的に語られがちなインターネット世界を「人間の可能性を広げる」と、肯定する思いを作品に込めた。

細田監督にとってネットの仮想世界は「興味を持ち続けている題材」だ。「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」(2000年)、「サマーウォーズ」(09年)と、定点観測するように人間とネットの関係を描いてきた。

「ネットが一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン