/

この記事は会員限定です

落語の舞台をたどって 江戸と東京をつなぐ旅

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

「落語ブーム」といわれて久しい。新型コロナウイルス禍で寄席の興行が苦境に陥る一方、新しい感覚を持った若手の落語家たちの活躍も目立ちはじめている。着物を着て座布団に座り、扇子と手ぬぐいしか使わないという伝統的なフォーマットを保ちながらも、そこに現代的なセンスを持ち込んだ落語は「江戸と東京をつなぐ旅」にいざなってくれる。古典落語の舞台となった場所を中心に、小さな旅へ出かけてみよう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン