/

この記事は会員限定です

ビフィズス菌・生活習慣… 大腸の健康、こうして守る

カラダづくり

[有料会員限定]
かつては便を作り排せつするだけの器官と思われていた「大腸」。現在は健康・長寿に関わる器官として注目され、大腸の状態を良好に保つ「腸活」に関心が高まっている。カギを握るのは食事と生活習慣だ。

大腸は小腸で消化・吸収された後に半液状となった食べ物のカスから水分やミネラルを吸収。便を生成して一時的にためた後、肛門へと送り排せつするのが主な働きだ。大腸には千種類・100兆個以上の細菌が生息しているといわれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン