/

この記事は会員限定です

傷痕が赤く盛り上がる…ケロイド、体質や皮膚刺激が影響

カラダづくり

[有料会員限定]
ケガや手術、やけどの痕がなかなか治らず、赤く盛り上がって目立つ。肥厚性(ひこうせい)瘢痕(はんこん)やケロイドと呼ばれる症状だ。皮膚がよく伸びる部位でなりやすい。特に体質が影響するので注意しよう。早期治療が大切だ。

皮膚に傷ができると、皮下組織にかけて炎症が起こる。するとコラーゲンなどをつくる線維芽細胞が集まってきて増殖し、傷を塞いでいく。やがて炎症や細胞の活動が落ち着き、肌色に近い傷痕になる。こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン