/

この記事は会員限定です

料理を科学する どら焼きの皮の色、秘密は「糖」にあり

すっきり生活

[有料会員限定]

ホットケーキに似ているようで、ちょっと違うどら焼きの皮。重曹を使うと、独特の色や風味が出てくる。こんがりとした焼き色をつけるにはみりんやハチミツを使うのがポイントだ。

どら焼きは買って食べる印象が強いかもしれないが、意外と簡単に家で作ることのできるお菓子だ。定番のあんこ以外にも、生クリームやバター、栗の甘露煮、白玉、フルーツなど、好きな具材を好きなだけ挟んで食べるのは手作りならではの楽しみだろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン