/

この記事は会員限定です

ショスタコから民主主義を考える 中沢孝夫氏が選ぶ3冊

社会思想としてのクラシック音楽 猪木武徳著

[有料会員限定]

ビジネスリーダーなら心当たりがあるだろう。スタッフの個性や才能を生かしながら、目標に向かって全体をまとめていく作業の苦しさと楽しさが。

バッハからショスタコーヴィチまでの名曲を丹念に跡づけながら、著者がアダム・スミスやトクヴィルなどを介して、通奏低音として伝えてくるのは、デモクラシーや市場経済の意味である。

機会の平等により、「いま」「ここで」人々に訴えかける者が勝利する傾向が強まり、他者や未来へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン