/

この記事は会員限定です

清張ミステリーで探求する邪馬台国の謎

文学周遊「陸行水行」

(更新) [有料会員限定]

舞台は大分県宇佐市の安心院(あじむ)。冒頭、次のような描写がある。「バスは山路の峠を走るが、その峠を越すと山峡が俄(にわ)かに展(ひら)けて一望の盆地となる。早春の頃だと、朝晩、盆地にも靄(もや)が立籠(たちこ)め、墨絵のような美しい景色となる」

靄は雨上がりの晴れた日に多く、しばしば盆地を横切る高速道路に速度制限などがかかる。朝日が差し込むと靄は朱鷺(とき)色に染まり、ゆっくりと消えていった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン