/

この記事は会員限定です

働き方で変わる社会保険 勤務時間や賃金を確認

学んでお得

[有料会員限定]

厚生年金保険や健康保険といった社会保険への加入の境目、いわゆる「106万円の壁」の基準が適用される企業の範囲が10月から拡大される。パートやアルバイトなどの短時間労働者は働き方を意識するタイミングだ。ポイントを確認しておこう。

社会保険は民間保険に比べて軽い負担で手厚い備えが得られる公的制度だ。保険料は労使折半で、労働者の負担分は給料の約15%。フルタイムの一般社員はもちろん、パートやアルバイト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン