/

この記事は会員限定です

WILDHOOD 野生の青年期 バーバラ・N・ホロウィッツ、キャスリン・バウアーズ著

動物も経験する生きにくさ

[有料会員限定]

思春期・青年期と聞けば、壊れかけのRadio、理由なき反抗、若きヴェルテルの悩みを思い出す。本書は主に動物の話を扱っている。人間と同じように動物にとっても青年期は生きにくいことが、同情を禁じ得ないように描かれている。人間にとっては青年期の苦悩が芸術になるかもしれないが、動物にとってそれはいったい何の役に立つのだろう。青年期とは、その前半に思春期を含む、子どもから大人への移り変わりの時期と捉えられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン