/

競泳・池江璃花子、東京五輪代表に 白血病乗り越え

(更新)
競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで優勝した池江璃花子(4日)=共同

東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第2日が4日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子100㍍バタフライ決勝で20歳の池江璃花子(ルネサンス)が57秒77で優勝し、女子400㍍メドレーリレーの選考基準を突破して2大会連続の五輪代表入りを決めた。白血病からの復活を目指し、プールでの練習再開から1年あまりで世界の舞台への切符を手にした。

女子100㍍バタフライで優勝し、ガッツポーズする池江

レース後、池江は「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。すごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った。今すごく幸せ」と涙ながらに語った。この日のレースで日本水泳連盟の定める「リレーのバタフライ派遣標準記録(57秒92)を突破して優勝」という五輪選考基準をクリアした。女子100㍍バタフライ個人種目の派遣標準記録(57秒10)には届かなかった。

2018年アジア大会で金メダル6個を獲得して大会MVPにも選ばれた池江は、19年2月に白血病を公表。その後の闘病生活を経て、昨年3月にプールでの練習を再開した。8月に実戦復帰すると、今年2月の東京都オープン50㍍バタフライで19年世界選手権8位相当の好記録で優勝。本人は24年パリ五輪を目標にしてきたが、自国開催の五輪も狙えるレベルまで回復した。昨年7月に国立競技場で行われた東京五輪開幕1年前イベントにも登場した。

今大会は50㍍と100㍍の自由形、バタフライの計4種目にエントリーしている。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン