/

この記事は会員限定です

瀬戸内寂聴さん、没後も売れっ子 生誕100年で全集完結

活字の海で

[有料会員限定]

作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんは2021年11月に亡くなったが、22年5月に生誕100年となった。著作刊行が相次ぎ、同月末には全25巻の『瀬戸内寂聴全集』(新潮社)が完結。敬愛した文学者の系譜に名を連ねた。

「全集を作ってちょうだい。それを見ないと死ねない」。全集の編集を担当した同社出版部の桜井京子副部長は14年、そう切り出された。胆のうがんの手術後のことだ。01~02年には第1期として、それまでの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン