/

温暖化で睡眠時間が減少 世界規模の調査ではっきり

ナショナルジオグラフィック

think!多様な観点からニュースを考える

少しだけ気温が高めの蒸し暑い夜でも、寝苦しいものだ。翌朝は頭がぼんやりして、すっきりしない。だれにでも、そんな経験があるだろう。

こうした感覚は不快なだけではない。睡眠不足によって、心疾患のリスクが上がったり、気分の変動が激しくなったり、学習能力が低下したりなど、さまざまな悪影響が出ることが長年の研究で判明している。本人にとっても、社会や経済にとっても、大きな負担となる問題だ。

このたび、気候変動の影響で夜間の気温が徐々に上昇すると、就寝が遅く、起床が早くなり、貴重な夜の睡眠時間が損なわれていることが新たな研究によって示された。デンマーク、コペンハーゲン大学の研究者らが5月20日付けで学術誌「One Earth」に発表した。

合計741万回分の睡眠を追跡調査したところ、気温があまり高くない地域でも人々の睡眠は減り、睡眠時の気温がわずかに上昇しただけでも順応に苦労していた。気温の上昇に伴って、産業革命前から21世紀末までに、1人あたりの睡眠時間は年間50〜58時間減り、睡眠不足の夜が年間13~15日も増加すると、研究者たちは警告している。

これは、気候変動がいかに人々の日常生活に影響するかを示すとても明確な例だと、専門家たちは考えている。干ばつや洪水のような壊滅的な打撃だけでなく、気候変動は小さな負担を少しずつ私たちに積み重ねているのだ。コペンハーゲン大学の研究者で、この論文の筆頭著者であるケルトン・マイナー氏は、気候変動がもたらす睡眠不足について「将来の話ではありません。もうすでに起きていることです」と話している。

わずかな気温上昇でも

マイナー氏らは、2015〜2017年に世界68カ国で収集された、約5万人分のリストバンド型活動量計のデータを分析した。データからは、人々の就寝時間、起床時間、その間の睡眠状態のほか、正確な位置情報もわかった(データは匿名化されている)。

そして、睡眠データを、その地域の戸外の気温と比較した。ただし、室内の環境やエアコンの使用の有無に関する情報は含まれていない。一人ひとりの継続的な記録を調べたので、ある人の睡眠状況が6月の涼しい夜とその数日後の暑い夜でどう違ったか、あるいは2月の季節外れに暖かい夜ではどう変化したかまで把握できた。

今回のデータがユニークなのは、信頼性が低下しがちな自己報告ではない点だ。また、気候と睡眠との直接的な関係を調査した数少ない過去の研究では、調査対象の人数が少なかったり対象地域が米国内限定だったりしたが、この研究では世界規模のデータを利用した。

さらに注目に値するのは、その結果だ。人々が最も長く眠れたのは、屋外の気温が10℃以下の夜だったという。それ以上になると、睡眠が7時間未満になる割合が高くなった。気温が25℃を超えると睡眠時間の短縮に拍車がかかり、夜間の外気温が30℃を超えると、一晩の睡眠時間は平均で約15分短くなった。

たいした長さではないと思うかもしれない。だが、「実は大きな問題なのです」と、米カリフォルニア大学アーバイン校の睡眠研究者サラ・メドニック氏は指摘する。氏によれば、この15分間は非常に貴重な「徐波睡眠」(最も深い眠り)から失われる可能性が高いことが、複数の研究論文で示されている。徐波睡眠は一晩に計1時間ほどしかない。つまり、15分どころか5分失われただけでも、体調を回復させる時間は大幅に減ってしまうのだ。

特定のグループでは暑さの影響が特に著しいこともわかった。影響は加齢とともに増大し、65歳以上の人々が受ける影響の大きさはそれ以下の年齢層の約2倍だった。つまり、若・中年層の睡眠が15分失われる暑さでは、高齢者層の睡眠時間は約30分短くなるということだ。

女性も影響を受けやすい。気温が上がると、女性の睡眠時間は平均よりも約25%多く失われた(リストバンドの使用者は比較的裕福な人々や男性が多いので、こうしたデータの偏りによって全体的な影響の大きさに誤差が生じている可能性はある)。

低・中所得国の人々が受ける影響の大きさは、高所得国の人々の約3倍だった。これは、冷房を利用できないことが一因だと考えられる。

「気候変動が、生存を脅かす壊滅的な影響にとどまらず、私たちの日常生活にどのように影響するかを、この研究は示しています」と、米マサチューセッツ大学アマースト校の環境経済学者ジェイミー・マリンズ氏は、第三者の立場からこの研究を評価している。「私たち全員に小さな影響が確実に積み重なって負担になっていくはずです」

睡眠時の気温上昇に体は順応しない

だが今回の研究ではもう1つ、より懸念すべきかもしれない発見があった。私たちの体は、どれだけ暑い夜を過ごしても、睡眠時の気温上昇に順応しないらしい。通常よりも気温が高い夜には、どのような人でも睡眠は妨げられていた。

少なくとも生理学的レベルでは「人々が順応しているという証拠は見つかっていません」と、マイナー氏は話す。

私たちの体が体温を精密に調節していることを考えれば当然のことだと、マイナー氏は説明する。内臓は、わずかに温度が上下しただけでも、機能を低下させたり停止させたりし始める。体温は、睡眠を管理する主要な手段のひとつだ。就寝前は、手足への血流が増え、わずかに深部体温が下がる。この変化がなければ、私たちは眠りにつくことができない。

このように体温をしっかりと管理する必要があるため、人間が睡眠条件の悪化に柔軟に対応するのはむずかしい。

人為的な気候変動によって、地球の平均気温は産業革命前と比べてすでに1.1℃上昇しているが、世界の大半では、昼間よりも夜間の方が気温の上昇幅が大きい。例えば米国では、夏の夜間は昼間よりも温度が2倍上昇している。

「以前の夜は、体をクールダウンさせる時間でした。しかし、暑さがこのように慢性的なストレス要因になると、体温を下げて体を回復させることができません。これは、私たちの健康を損なう重大な要因です」と、米カリフォルニア州環境健康保護庁有害物質管理局(OEHHA)の公衆衛生専門家ルパ・バス氏は話している。

コペンハーゲン大学の研究者らの推定では、夜間の気温上昇によって、すでに年間およそ44時間の睡眠が失われているという。また、全米睡眠財団(National Sleep foundation)が推奨する大人の睡眠時間の下限である7時間を下回る日も11日増加している。

今後、地球の温度が上昇するにつれて、こうした負担も増加する見通しだ。炭素排出量がほぼ現在の水準で推移すれば、今世紀末には年間50時間の睡眠が失われる可能性がある。

「人間には驚くほどの順応力が備わっています」とマイナー氏。「しかし、それにも物理的な限界があることを忘れてはなりません」。氏の分析が示す暑い夜の睡眠不足も、こうした限界のひとつかもしれない。

問題をはらむ解決策

米ハーバード大学の環境衛生学者ホセ・ギエルモ・セデーニョ・ローレント氏は、この問題を軽視してはならないと考えている。氏のチームは2016年の熱波のさなかにハーバード・カレッジ(同大学の4年制学士課程)で実験を行った。その結果、冷房付きの新しい寮で眠った学生たちは、冷房がない古い建物の学生たちよりも、その後の認知テストの成績が良好だった。

「健康な若い人々でさえ、暑く寝苦しい夜を過ごすと、思考能力などの重要な機能に影響を受けるのです」と、セデーニョ・ローレント氏は言う。この結果は2018年7月に医学誌「PLOS Medicine」に発表された。

氏の論文は、気候がもたらす睡眠不足の解決策のひとつとして、世界中の家庭で冷房設備の普及を進めることを挙げている。だがこれは、経済面と環境面で非常に難しい。

冷房には多くのエネルギーと費用が必要だ。5月4日付けで学術誌「Nature Communications」に発表された研究によれば、米国の低所得世帯が冷房を入れ始める気温は、高所得世帯より2.6~4.2℃ほど高い。また、冷房は実質的に屋外の気温を上昇させている。地球規模でみると、冷房に使われる電力の大半は化石燃料を燃やして生産されているし、局地的にみれば、寝室から屋外に熱が排出されているからだ。

睡眠不足と心身の健康悪化との関連は非常に明白なので、この状態を深刻化させかねない問題を見過ごすことはできないと、セデーニョ・ローレント氏は感じている。気候と睡眠の関連性が明らかになったことで、私たちがこの問題の原因と影響をただす社会的責任は無視できないものになっている。

「もちろん、最善策は気候変動を止めることです」と氏は言う。「もはや、これは人権問題と言えるでしょう」

文=ALEJANDRA BORUNDA/訳=稲永浩子(ナショナル ジオグラフィック日本版サイトで2022年5月29日公開)

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン