/

この記事は会員限定です

宮本武蔵と家康の呪い 縄田一男氏が選ぶ一冊

孤剣の涯て 木下昌輝著

[有料会員限定]

この作品は千変万化する作者の才能そのままに、幾重にも豹変(ひょうへん)する物語の層を読者に見せつけ、私たちを魅了する。

初めは戦国の終焉(しゅうえん)とともに、自分の剣はもはや無用のものとなったと苦悩する宮本武蔵が登場。剣豪小説風の趣をもって、武蔵が己が剣を次の時代に架橋してくれるかもしれない最後の弟子に望みを託すところから始まる。しかしながら、この弟子は何者かによって惨死を遂げ、その時、武蔵の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン