/

この記事は会員限定です

新国立劇場「マイスタージンガー」老いの自覚 社会に重ね

[有料会員限定]

ワーグナーの歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、昨年6月に上演が予定されていながら、コロナ禍のために延期されたものである。その後もアクシデントがあったが調整を重ね、ともかくも上演にこぎつけたのは喜ばしい。

イェンス=ダニエル・ヘルツォーク演出の舞台はヨーロッパでも上演されているもので、セットはドレスデンのゼンパーオーパーと思しき劇場の客席や舞台裏を模している。ハンス・ザックスの靴屋は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン