/

1930年代 日本観光を世界にアピールした風景写真

「美の十選」まとめ読み 日本カメラ財団調査研究部長 白山眞理 

写真の大きな特徴は、記録と伝達。何気ない一枚にも時代が写り込む。世界各国からの観光誘致の目的で写真が写されるようになった1930年代の風景写真から日本のモダニズムを掘り下げてみたい。日本カメラ財団調査研究部長の白山眞理さんが10作品を解説する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません