/

この記事は会員限定です

現代美術の「再制作」と「修復」 保存と展示巡る難問

[有料会員限定]

現代美術作品の保存と展示を巡り、再制作と修復という2つの手法の違いへの関心が高まっている。原作者の制作意図を尊重しつつも新たな素材や構造の改変を加えていくのか、元の状態を極力維持しようと努めるか。美術における「オリジナル」の価値とは何かを議論するきっかけにもなりそうだ。

東京大学駒場博物館(東京・目黒)で8月29日まで開催中の「宇佐美圭司 よみがえる画家」展は、失われた作品を再制作する意義を展示の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン