/

この記事は会員限定です

映画界の男女格差・労働問題 シンポで「早く対応を」

[有料会員限定]

映画界のジェンダーギャップ(男女格差)や過酷な労働環境といった山積する課題を取り上げたオンラインシンポジウム「日本映画のこれからを考える2」が5月27日に開催された。映画関係者の有志でつくるJapanese Film Project(JFP)が主催。2021年11月に開いた第1回に続く取り組みだ。パネリストに白石和彌監督、木下千花・京大大学院教授、神林龍・一橋大経済研究所教授らを迎え、改革への道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン