/

この記事は会員限定です

PERIL 危機 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ著

米政権移行期の混乱を活写

[有料会員限定]

それはまさに危機(ペリル)であった。2021年1月6日の米連邦議会議事堂襲撃事件は、サムター要塞の攻撃(南北戦争の契機)にすら比肩される。「選挙が盗まれた!」と叫んで、ドナルド・トランプ支持者が暴走したのである。否、トランプ大統領自身がそう信じて、扇動した。集計マシンに細工があったと論じたトランプ陣営の弁護士は、のちに製造会社に名誉毀損で訴えられ、あれは法廷闘争のための方便だったと開き直った。ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン