/

この記事は会員限定です

ルー大柴さん 低迷期を支えたラーメン店、茶道…

食の履歴書

[有料会員限定]

英語交じりのトークとハイテンションな芸風が持ち味のルー大柴さん(68)。近年は茶道の師範「大柴宗徹」として、茶道の魅力を広める活動もしている。俳優になろうと芸能界に入ったが、遅咲きで、浮き沈みも経験した。タレント人生を支えたのは庶民の味だ。

40年来、通うラーメン店がある。東京・大田区にある「ラーメン ビッグ」。スープはあっさりとんこつ、昔風の縮れ麺。思い出が染み込んだラーメンだ。

30代前半、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン