/

大坂の年収66億円、女性アスリート最高更新 米経済誌

テニスの全仏オープン女子シングルス1回戦を勝った大坂なおみ=共同

【ニューヨーク=共同】米経済誌フォーブス(電子版)は2日、女子テニスの大坂なおみ(23)=日清食品=の1年間の収入が6千万ドル(約66億円)となり、女性アスリート史上最高額を更新したと報じた。昨年自身が記録した3740万ドル(約41億円)を大幅に上回り、広告収入が5500万ドル(約61億円)を占めるという。後日発表のアスリート長者番付では12位に入り、昨年29位から上昇する。

大坂は契約を結ぶスポンサーの数が20社を超えるという。広告収入で大坂を上回るアスリートはいずれも男性で、テニスのロジャー・フェデラー(スイス)、ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)、米プロバスケットボールNBAのレーカーズでプレーするレブロン・ジェームズ(米国)のみとしている。

大坂は5月31日に自身のツイッターで2018年に全米オープンのシングルスで四大大会初優勝を果たして以降、うつに悩まされてきたことを告白し、パリで開催している全仏オープンのシングルス2回戦を棄権した。同誌は識者の「ブランドへのダメージは全くない」とのコメントを紹介し、スポーツの市場において最も価値あるスター選手の一人であり続けるだろうと結んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン