/

この記事は会員限定です

豪雨への備え「防災散歩」で 密にならず避難ルート確認

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

台風や豪雨といった災害に備え、ハザードマップを手に避難ルートを確認する「防災散歩」が広がっている。どの道を選べばより安全か、危険な場所はどこか、点検しながら歩く。最近も静岡県熱海市で発生した土石流で大きな被害が出ている。新型コロナウイルスの感染拡大で防災訓練が中止になるところが多いが、密にならない取り組みとして注目を集める。

「自宅と地域のリスクを確かめるうえで、防災散歩は欠かせないと思う」。防災...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン