/

この記事は会員限定です

男性育休、初の1割超「もっと増やすには働き方改革を」

東京大学教授 山口慎太郎さんに聞く

[有料会員限定]

厚生労働省が7月30日にまとめた2020年度の雇用均等基本調査で、男性で育児休業を取得したのは12.65%と初めて1割を超えた。増加は8年連続で、前年度(7.48%)より5.17ポイント上昇したものの、「20年までに13%」としていた政府の目標は達成できなかった。上昇の背景と今後の課題を、東京大学大学院経済学研究科教授の山口慎太郎さんに聞いた。

――12.65%という数値をどうみますか。

「今回の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン