/

この記事は会員限定です

「白人ばかり」から脱却 ネットフリックスが描く多様性

[有料会員限定]

米動画配信大手ネットフリックスが多様性を扱った作品を相次ぎ投入している。「白人ばかり」と批判されてきた映像産業の慣習を変える試みとして注目が集まっている。

「主役の配役は男女平等で、女性のキャストや制作者の数は業界の統計より高く、黒人の主演、助演、メインキャストの割合も米国の人口比を上回る。有色人種の女性の起用が改善されたのも重要な進歩だ」。ネットフリックスは2月、米南カリフォルニア大学と共同で2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン