/

この記事は会員限定です

ベルコ、代理店従業員と中労委で和解 労働条件協議へ

業務委託型ビジネスモデルに影響も

[有料会員限定]

冠婚葬祭業の実務を全国の代理店に業務委託しているベルコ(大阪府池田市)が、労働組合法上の「使用者」として代理店従業員との団体交渉に応じないのは不当だなどとして、札幌市内の元従業員2人が起こした救済申し立てが30日、中央労働委員会(東京)で和解した。ベルコは実質的に使用者性を認め、今後、労働条件を巡る協議に応じる。代理人の棗一郎弁護士によると、大手業務委託元が資本関係のない委託先の従業員と団体交渉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン