/

この記事は会員限定です

英国民俗フットボールはノー・ルール

各地に残る固有の球技、すべて現地調査 吉田文久

[有料会員限定]

「これはサッカーではない……」。1993年、スコットランド・カークウォールでのクリスマス。初めて目の当たりにした「民俗フットボール」に球を蹴る動作はほとんどなかった。気温は零下、300人が押しくらまんじゅう状態のスクラムから湯気が立つ。

町の山側生まれ「アッピーズ」は城跡の民家の壁、海側出身「ドゥーニーズ」は船着き場の海がゴールだ。ゴール間の距離は約2キロ、自陣へボールを運べば勝利という1点先取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン