/

この記事は会員限定です

住宅ローンが払えない 救済策は複数、金融機関に相談を

コロナで困窮者6.6万人、債務整理の新制度も

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの影響が長引き、住宅ローンなどの返済に悩む人が増えている。もし、収入が大きく落ち込んだときは、慌てず金融機関に相談することが鉄則だ。救済策は複数あり、自分に適した制度を選べば家計の痛手を和らげることもできる。

コロナ禍で住宅ローンの返済が難しくなり、金融機関から救済を受けた人の数は2020年3月~21年3月で約6.6万人。20年春に急増後、いったん落ち着いたが、21年に入って再び...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン