/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり トロロ汁でネバネバーダ豆腐

[有料会員限定]

スーパーマーケットの野菜売り場に行ってヤマノイモ(山芋)のところを覗(のぞ)くと、先(ま)ずナガイモ(長薯)が目につく。野球のバットのような細長い形をしていて、あちこちにひげ根が生えている。そのナガイモの隣を見ると、今度は長くはなくイチョウの葉のような形をして、ゴツゴツとした感じの芋がある。これはイチョウイモ(銀杏芋)で、ナガイモより粘りがあり、ダシ汁や生卵で割ってトロロ汁にしたりする。

さらに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン