/

この記事は会員限定です

脳梗塞の前触れ、一過性脳虚血発作(TIA)とは

カラダづくり

[有料会員限定]

脳の血流が一時的に悪くなり、半身のまひや言語障害などの症状が表れる一過性脳虚血発作(TIA)。症状は短時間で消えてしまうが、軽視はできない。TIAは「脳梗塞の前触れ発作」と呼ばれているからだ。

TIAとは

一過性脳虚血発作(TIA)は、主に頸動脈や心臓にできた血栓(血液の塊)が血流に乗って脳へ運ばれ、脳の血管を一時的に詰まらせることで起こる。

脳梗塞と同様に半身のまひや言語障害などの症状が表れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン