/

この記事は会員限定です

知的生命体は自滅するか? 宇宙物理学者・佐藤勝彦

[有料会員限定]

宇宙人はいるのか? 私たちの住む銀河系の、電波を発する高度文明の数を推定するのに「ドレイクの式」がある。簡単な式で、地球型惑星の存在する確率など、いくつかの数値をかけるだけだ。

現在、太陽系外に多くの惑星が発見されている。液体の水が存在する惑星は、統計的に1つの恒星あたり1個くらいある。銀河系にはおよそ1000億個は恒星が存在するので、同じ数の地球型惑星がある。天文学的数値はこの値で良い。細菌程...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません