/

この記事は会員限定です

ギルバート指揮都響 小曽根真の洒落っ気 オケも魅了

[有料会員限定]

東京都交響楽団首席客演指揮者の任にあるアラン・ギルバートが久々に来日した。

アラン・ペッテション「交響曲第7番」(1967年)。生涯に17曲の交響曲を残したこの北欧の作曲家の出世作で、知る人ぞ知る珍曲だ。

冒頭ややあってトロンボーンとチューバに喘(あえ)ぐようなモティーフが現れる。これを中心に反復される幾つかの音型に、自律的に動く旋律線が積み重なっていく。金釘流(かなくぎりゅう)と呼びたくなるほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン